ゲームエンジン

FleXがサポートしている物理挙動の一つにクロス(布)シミュレーションがありますが、今回は一定の力が加わる事で裂ける布の設定方法になります。

ゲームエンジン

前回Flexの導入方法を紹介しましたので、今回の内容は自分で作成したモデルにFleXのソフトボディを適用する手順になります。

ゲームエンジン

ソフトボディや布などの物理挙動が軽快に動作するNVIDIAのFleXをUE4で動作させるまでの手順になります。

モデリング

3Dモデルをアニメ調に見えるようにするトゥーンレンダリングとセットで用いられているのを良く見かける、アウトラインの表示を実践してみました。

モデリング

季節が夏の終わりの気配を漂わせ始めましたが、水着を作っていきます。クロスシュミレーターで飾りリボンを垂らす変形をしてみたり、ハイポリからベイクしたノーマルマップで皺の表現を行ってみたり色々実験しました!

モデリング

前回まで行ったモデリングを全部作り直しました(汗 今回は特に大きく作り直した部分を軽くさらった後で、テクスチャーのUVレイアウトに便利なBlenderの無料アドオン、「TexTools」を使用してテクスチャーを適用して行きます。

スポンサーリンク