【イラスト】民族衣装の女の子

厚塗りの練習から逃げてはいけないと思い立ち、描きたい物を詰め込んで練習してみました。民族衣装が好きなので、落書きで描いてた民族衣装を着た女の子を線画にして厚塗りしてみました。厚塗りの定義は色々ありますが、中々手間がかかるのだなぁと現状思っています。

スポンサーリンク

作業工程

自分が調べた厚塗りの工程は、最初グレースケールで陰影付けを行い、その上からオーバーレイレイヤーで色付け、さらにその後で線画と馴染ませるように色を塗り重ねていくといった、今までの工程にもう一手間加えたような感じでした。

その分、今までのアニメ塗やグリザイユ塗よりも、色数が多く鮮やかにはなったかなぁと思うところです。

ラフ・下書き

ラフの時点では、メガネを装着していたのですが気が付いたら眼鏡レイヤーが何処かに消えていました・・・・(汗

線画

線画を引く時に毎回違うブラシになりますが、今回は「楽厚塗りブラシ」を使用しました。今の所、一番気に入っています。

色・影・ハイライト付け

厚塗りの前に、大まかにグレースケールで影付けを行います。

グレースケールの上から乗算で色を乗せた状態です。この段階では、くすんだような色になっています。

乗算の色レイヤーの上にオーバーレイレイヤーで明るい色を塗り重ねる事で、くすんだ色はなくなります。

また、この後の厚塗りを行う過程で、線画が黒いと色がくすんで行くため、線色トレスを行っています。

今までのレイヤーを全て統合し、線画をなじませたり、色を塗り重ねたり、はみ出しを修正したりと厚塗りをすすめた状態です。

背景を作成して完成

背景にお花を描いて、何となく涼し気な感じにして完成としました。これから暑くなっていきますからねぇ・・・・。

終わりに

厚塗り難しいです・・・・ただ厚塗りを練習する過程でレイヤーの使い方や効果などの新しい発見もありますし、絵柄の模索にもつながると思うのでやる価値はあると思っています。

ただ現状、凄く時間がかかってしまうのでもう少し効率的に塗っていけるよう色々調べていきたいと思います。

スポンサーリンク