仮想サーバーへのSSH接続は成功したので、今回はSubversionのインストールと設定を行い、リポジトリを作成し幾つかのディレクトリとファイルをインポートして行きたいと思います。

 

※画像はクリックで拡大できます

Subversionをインストールする

 

仮想サーバーで下記のコマンドを実行してSubversionをインストールします。

インストール内容の確認が行われるので、yキーを押します。

CentOSから鍵を取得する許可を求められるので、yキーを押します。

「完了しました!」の表示が出れば、Subversionのインストールは完了です。

下記コマンドで、インストールしたSubversionのバージョンが確認できます。

次にUE4のプロジェクト用リポジトリを作成します。リポジトリの名前は無難に「project」としてtrunk、branches、tagsの見慣れたディレクトリを作成します。

まず、projectまでのディレクトリを作成し、リポジトリを作成します。

※修正 2018/11/05、リポジトリまでのディレクトリ指定で「var」→「/var」出ないと上手くいきませんでした。E180001エラーでリポジトリが開けないとimport時にでました。

作成すると、/var/svn/repos/project内に幾つかファイルが生成されます。

次にリポジトリへtrunk、branches、tagsをインポートするために一時的に「test」というディレクトリを作成し、その中にtrunk、branches、tagsディレクトリを作成します。

今回は三つのディレクトリと一緒にインポートするファイルとして、下記コマンドで「test.text」をtrunk内に作成します。

viコマンドで作成しますが、iキーINSERTモードにして適当な文章を入れて、「:wq」で保存終了してあります。

カレントディレクトリをインポートする「test」ディレクトリにして、下記コマンドでインポートします。

Committed revision 1.と表示され、trunk、branches、tagsとtest.txtがインポートされました。

次回はインポートしたファイルを、Subversionのクライアント「TortoiseSVN」を使ってローカルPCにチェックアウトしたいと思います。

 

One Reply to “UE4のプロジェクトをSubversionで管理する その4”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です